日本では路上でポケットティッシュを受け取れることがあります。また、粗品の一つとして使われることもあります。外国人の中にはこの光景に驚く人もいるようです。受け取ったポケットティッシュには広告が入っていたり、外装そのものが広告であることもあります。広告が気になるから受け取るのではなく、使えるから受け取るという人は多いです。大抵紙の広告だと、配られても興味が無ければ処分に困ります。路上にそのまま投げ捨てる人もいるので、環境にも良くありません。しかし、ポケットティッシュは使えるため、すぐに投げ捨てる人はあまりいません。寧ろ使いきるまで持っておくという人もいます。多く受け取ったとしても腐るものではないので保存しておきます。保持する期間が長くなればなるほど、広告が持ち主の目に触れる機会も多くなるので、販促用としても効果が絶大だと言えます。

ポケットティッシュはネット通販で購入しています

毎日のお出かけの際は、バッグに欠かさずポケットティッシュを入れています。ティッシュはさまざまなシーンで役立つものなので、忘れると非常に困ります。そのため、自宅にはいつでもたくさんのポケットティッシュを常備するように意識しています。ちなみに、我が家ではインターネット通販を利用して、ポケットティッシュを安く購入するようにしています。いつも利用しているオンラインショップは日用品を定価よりもかなり安く販売しているため、地元のスーパーやドラッグストアで購入するよりもお得です。そのため、まとめて購入して、いつでも欠かさず常備するようになりました。まとめて購入するから送料もかかりませんし、注文方法もシンプルでわかりやすから、いつでも気軽に利用しています。少しでも安く購入できるのは経済的にも非常に有難いので、これからも賢く利用したいと考えています。

花粉の季節にはポケットティッシュは役立ちます

花粉の季節になると花粉症の人は大変です。花粉症でも人によって症状が違うようですが、鼻水が出る人は困ります。不思議なのですが、花粉の刺激で鼻水が垂れ流しになります。止まりません。まるで水道の蛇口から水が出るように流れ出てきます。この場合マスクをして隠しておくとマスクの内部が鼻水だらけになるのがわかります。多くはマスクが吸い込んでくれますが限度を超えると吸いません。この場合何が役に立つかと言うとポケットティッシュです。これをマスクの裏側に入れておいて鼻水で濡れしまうたびにティッシュを交換するようにします。これ以外に方法はないように思われます。花粉症で鼻水のひどい人ようのマスクが開発されればポケットティッシュの必要がなくなり大変売れる商品になると思われますが、今のところまだないようです。ただこれは作るのが大変難しいものと思われます。