駅前や街頭で配られているポケットティッシュには、チラシよりも高い宣伝効果が期待できます。チラシの場合、受け取りを拒否されたり、すぐに捨ててしまわれることが多いという問題があります。その点、ポケットティッシュなら実用品なので、受け取ってもらいやすく、カバンに入れておいても使い道があるので重宝されます。使い終わるまで、ティッシュに封入されている広告を目にすることになるので、宣伝の効果が持続できるのもメリットのひとつです。また、コストが安く済むのも魅力です。販促用のポケットティッシュは、オリジナルの広告ラベルやチラシ自体が入ったものなど、さまざまな種類から選ぶことができます。最近では、スクラッチカードになったものやQRコードやクーポン券が付いたものまであり、より高い販促効果が期待できるデザインのものもあります。

ポケットティッシュの活用

ポケットティッシュは街中でも配布されています。持っていると何かと便利なので、受け取ることもあるでしょう。また購入をすることも可能です。デザインもちょっと変わったものであったり、ウエットタイプのものであったり、用途に応じて購入をするものを変えることも可能です。持っていればかなり便利です。花粉症の時期や風邪が流行をしている時期なども持っていると使うことが出来ます。街中で配布をしているものは広告が入っていることが多いです。その広告を抜いて使えば、購入をしたものと大差がありません。色々工夫をして使うことも可能です。靴擦れを起こした場合であっても、クッション材として利用をすることができます。怪我をした際などにも利用をすることができますし、お手拭としても使うことができます。鞄の中に入れておくと何かと便利です。

ポケットティッシュを購入する

ティッシュはいつでもどこでも持ち歩くという習慣をつけるといざという時にとても役に立ちます。鼻をかみたくなった時も、手が濡れてしまった時も、どこか出血して止血したいときにも例をあげればその用途は多大な数になります。それだけ便利なポケットティッシュですが、よく街中で配られていることがあります。ティッシュに業者の広告を載せることによって宣伝しようとしています。しかし、これらのティッシュは少し安っぽいものであるので、感触などがよくありません。特に、風邪を引いてしまって何回も鼻をかむ時などは、粗い素材のものであれば肌を炒めてしまう危険性さえあります。なので、いくらポケットティッシュといえども、お金をかけて購入してよく素材のものを持ち歩くことができれば、肌を痛めてしまう心配もないし、使っていて安心した気持ちになることができます。